スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows ノートPC

Windows XP に「IPv6」をインストールして「IPv6」をお迎えする準備が整った、と思ったらプロバイダが「IPv6」に対応してなかったの巻

2011年6月8日(水)午前9:00~6月9日(木)午前8:59(日本時間)に実施される世界的イベント「World IPv6 Day」については知ってると思うので割愛して。

この「IPv6」、Windows 7/Vista には最初から実装されているが、じつは Windows XP の場合だと別途インストールが必要とのこと。
Windows XP での「IPv6」インストール方法と、アンインストールの方法。
https://ybb.softbank.jp/support/connect/step2/ipv6/winxp_net_set.html

ちなみに、Windows 7 での設定確認はこちら。
https://ybb.softbank.jp/support/connect/step2/ipv6/win7_net_set.html
Windows Vista はこちら。
https://ybb.softbank.jp/support/connect/step2/ipv6/winvista_net_set.html

これで我が家の Windows XP にも、無事に「IPv6」のインストールが完了。
「スタート」→「コントロールパネル」→「ネットワーク接続」→「ワイヤレス ネットワーク接続」もしくは「ローカル エリア接続」を右クリック→「プロパティ」で確認しても、[Microsoft TCP/IP version 6]の項目が追加されている。
ipv6-1

あと、OS側の対応だけではなくて、ルーターも「IPv6」対応の必要があるらしい。
2年前に購入したコレガのルーター。
念のため "192.168.1.1" にて「IPv6 ブリッジ接続」がONを確認。
昔の古いルーターだと「IPv6」未対応製品というのもあるらしいが、これは大丈夫。

あと Firefox の「about:config」の設定で、
network.dns.disableIPv6の値を「true」にして「IPv6」の読み込みを無効にしてたのをデフォルトの「false」に戻して有効にしておく。
さてさてこれで、OS側、ルーター、ブラウザ側、の「IPv6」対応が完了した。

ということでさっそく「あなたの IPv6 接続性をテストしましょう。」のページで、テストしてみたら。(テスト結果の表示にはしばらく時間が必要)
http://test-ipv6.com/

IPv6 アドレスが検出されませんでした
ipv6-3

コンテンツ側が IPv6 のみになった際の、あなたの IPv6 の安定性と準備状況 0/10
ipv6-4

???ってことで、もしやと思ってプロバイダに電話してみたら、サポートセンターのお姉さん曰く

当プロバイダでは、「IPv6」への対応はできておりません。
又、今後の「IPv6」対応予定も現時点では未定でございます。
上からの指示もございません。


とすげない返事。(上からってなんだろ?、社長ってことか?それとも関係省庁?)
しかし、うちのプロバイダそんな呑気なこと言ってて本当に大丈夫なのか?

で調べてみたら、現時点で「IPv6」に対応しているのは、ソフトバンクBBの「Yahoo! BB 光 with フレッツ/Yahoo! BB 光 フレッツコース」やNTT系の「フレッツ光 ネクスト」などで契約してる環境のユーザーの場合らしい。
Yahoo!がトップページで大々的に「World IPv6 Day」を告知してるのも、なんとなく納得かな。

まぁ、今のところはコンテンツ(サイト側)も「IPv6」と「IPv4」両方対応(提供)なので、「IPv6」に対応してないからといって、すぐにどうのこうのと焦る心配もないらしい。

さて我が家の「IPv4」環境では、Yahoo!のトップページを含めてきちんと閲覧できてるから現時点ではとくに無問題。
Windows XP SP3 「IE8」「Firefox 4」「Opera 11」「Google Chrome」の各ブラウザで通常の「IPv4」接続でもなんら問題ないのを確認済み。

で、Windows XP にインストールしてしまった「IPv6」はこのまま残しておくか、アンインストールするか思案中。
そして将来的な教訓メモとしてこの記事を書いておくことに。
アーカイブ
リンク1
QLOOKアクセス解析 この日記のはてなブックマーク数
リンク 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。