スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pale Moon

Pale Moon 5.0 がリリースされてた

Firefox 5.0 ベースの「Pale Moon 5.0」がリリースされてたので、何カ月ぶりかでダウンロードしてみた。

[Pale Moon 5.0 インストール直後のデフォルトのUI]
pale-10

Firefox 5.0 とのUIの違いとしては、
  • 「更新」「中止」ボタンがロケーションバーから切り離され、ナビゲーションツールバーに配置。
  • 「ホーム」ボタンが、ロケーションバーの左側に配置。
  • 「タブバー」が下部に配置。
  • 「タブ一覧表示」ボタンがプレビュー表示用。

[メニューバーを非表示にすると、Pale Moon ボタンが現れる]
pale-12

[Pale Moon 5.0 では懐かしのステータスバーがデフォルトで復活]
pale-11
これは、Pale Moon 5.0 に「Pale moon status bar」というデフォルトで付属された拡張機能によるもので、通常のアドオンバーに切り替えも可能(いわゆるStatus-4-EvarのPale Moon特化版)。
pale-14

[日本語化も可能]
pale-13

Pale Moon 5.0 のインストールから日本語化、Firefox からの設定の取り込み方法などについては、詳しく紹介されてるページがあるのでそちらを参照。
「高速軽量化されたFirefoxクローン『Pale Moon』をインストールしてみた。 - KUMA TYPE」
http://blog.kumacchi.com/2011/01/firefoxpale_moon.html

現状、本家の Firefox 5.0 もページの読み込み速度に関しては充分に早いので、以前ほどは Pale Moon の高速性が際立つこともなくなったが、それでもFirefox 5.0ベースだけあってさすがにこちらも速い。
アドオン関係は、Firefox 5 対応の拡張機能であればほぼそのままインストールも可能だった。
一部、5.0 対応なのに互換性がないと表示されたアドオンもあって、何度かインストールを繰り返してインストールできたものもあったが。(但し、Nortonツールバーなどは Pale Moon には未対応)

あと面白いのは、Firefox 4 から廃止されたプロファイルフォルダ内の「chrome」フォルダが、Pale Moon 5.0 のプロファイルフォルダの中には今でも存在すること。
その「chrome」フォルダ内に、「userChrome-example.css」と「userContent-example.css」も残っているので、それぞれ「userChrome.css」「userContent.css」にリネームすればそのまま使えたり。

ついでにひとつだけCSSネタとしては、「ステータスバー」の左端に読み込み完了後に「Done」という英語が表示されるが、これはいらない気もするので、userChrome.cssに以下を記述すれば消せる。
pale-16
/* Pale Moon 5 ステータスバーの「Done」を非表示 */
#status4evar-status-text[value="Done"] {
display: none !important;
}

[関連記事]
アーカイブ
リンク1
QLOOKアクセス解析 この日記のはてなブックマーク数
リンク 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。