スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google Chrome

Google Chrome Portableの「キャッシュフォルダ」はどこに?

Google Chrome Portable(PortableApps版)のお話し。

通常、Google Chromeの公式インストール版の場合、キャッシュフォルダは、
(Windows 7/Vista)
C:\Users\<ユーザー名>\AppData(隠しフォルダ)\Local\Google\Chrome\User Data\Default\Cache
(Windows XP)
C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings(隠しフォルダ)\Application Data\Google\Chrome\User Data\Default\Cache
に存在している。

ところが「Google Chrome Portable」の場合はというと、キャッシュフォルダらしきものがどこにも見当たらない。
で、実はどこに出来るのかというと、
%TEMP%の中にGoogleChromePortable\Cache

つまり、ユーザー環境変数(%TEMP%)に「Google Chrome Portable」を起動中だけキャッシュフォルダが一時的に生成されている。
当然「Google Chrome Portable」を終了させれば、このキャッシュフォルダも消えてしまう。

%TEMP%とは?
(Windows 7/Vista)
C:\Users\<ユーザー名>\AppData(隠しフォルダ)\Local\Temp
(Windows XP)
C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings(隠しフォルダ)\Temp


しかしこれでは困る場合がある。
1. 「Google Chrome Portable」のキャッシュを保持したいという場合。
2. RAMディスクなどに「Google Chrome Portable」本体を置いて高速化をしたい場合。

とくに当方の環境の場合は、RAMディスク(RamPhantomEX LE)に充分な容量割り当てができないので、ユーザー環境変数のTEMPはハードディスク側から移動していない。
この場合「Google Chrome Portable」本体をせっかくRAMディスクに置いたとしても高速化の効果は半減することになる。

対策としては「Google Chrome Portable」のキャッシュの保存場所を変更してやる。
一番簡単なのは起動オプションでキャッシュの保存場所を指定する方法。

例えば当方の場合起動オプションで、
半角スペースで区切って--disk-cache-dir="R:\Chrome Cache"

これでRAMディスク(RamPhantomEX LE)のあるRドライブにキャッシュの保存場所が変更されて更なる高速化も見込まれる可能性がある。
ちなみに、「RamPhantomEX」や、「BUFFALO RAMDISK ユーティリティー」はデータの保存機能があるのでキャッシュも消したくないという場合にも問題なし。

注意点としては、Google Chromeの場合キャッシュはどんどん貯まっていくようなので、充分な容量を確保できない場合などには、時々キャッシュのクリアを実行するか、同じく起動オプションで--disk-cache-size="バイト"を指定してやったほうがいいかもしれない。

[関連記事]
アーカイブ
リンク1
QLOOKアクセス解析 この日記のはてなブックマーク数
リンク 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。