スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SRWare Iron

SRWare IronにはFlash Playerが同梱されてない

Google ChromeやChromePlusにはFlash Playerが同梱されているが、SRWare IronにはFlash Playerが同梱されてない。
それでも、AdobeのFlash Playerをシステム側にインストールしておけばとくに問題は生じない。

しかし、SRWare Iron Portableを利用したブラウザ持ち歩き派の場合、出先のシステム環境次第ではFlash Playerコンテンツが見れなくなる。

そこで、SRWare Iron Portableにも「gcswf32.dll」ファイルを貼り付けてFlash Playerを同梱してしまおう、というお話し。

「gcswf32.dll」ファイルを貼り付ける場所
IronPortable\Iron\
(「Iron」フォルダ直下に「gcswf32.dll」ファイルを貼り付ける)


「gcswf32.dll」ファイルを入手する

Google Chromeからなら、
(Windows 7/Vista)
C:\Users\<ユーザー名>\AppData(隠しフォルダ)\Local\Google\Chrome\Application\<バージョン番号>\gcswf32.dll
(Windows XP)
C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings(隠しフォルダ)\Application Data\Google\Chrome\Application\<バージョン番号>\gcswf32.dll

PortableAppsのGoogle Chrome Portableからなら、
GoogleChromePortable\App\Chrome-bin\<バージョン番号>\gcswf32.dll

ChromePlusからなら、
(Windows 7/Vista)
C:\Users\<ユーザー名>\AppData(隠しフォルダ)\Roaming\ChromePlus\<バージョン番号>\gcswf32.dll
(Windows XP)
C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Application Data(隠しフォルダ)\ChromePlus\<バージョン番号>\gcswf32.dll

ChromePlusのzipパッケージからなら、
ChromePlus\<バージョン番号>\gcswf32.dll


注意点としては、Flash Playerの脆弱性対策などで、Google Chrome本家側の更新が行われた場合は、SRWare Iron Portableに貼りつけた「gcswf32.dll」ファイルもその都度新しいものに貼り替えることをセキュリティ上は、強く推奨。
アーカイブ
リンク1
QLOOKアクセス解析 この日記のはてなブックマーク数
リンク 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。