スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google Chrome

Chrome系のブラウザなら、Custom.cssでプレビューを消せる

Chrome系のブラウザ(ChromePlusや、SRWare Iron等)なら、Custom.cssにユーザースタイルシートを記述してやれば、Google検索のインスタントプレビューを消せる。

Custom.cssの場所は、例えばGoogle Chromeだと、
(Windows 7/Vista)
C:\Users\<ユーザー名>\AppData(隠しフォルダ)\Local\Google\Chrome\User Data\Default\User StyleSheets\Custom.css

(Windows XP)
C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings(隠しフォルダ)\Application Data\Google\Chrome\User Data\Default\User StyleSheets\Custom.css
にある。

このCustom.cssをテキストエディタで開いて、
#nyc, .vspib {
display: none !important;
}
と記述して文字コードをUTF-8 BOM無しで保存する。

とくにGoogle Chrome系の場合は文字コードの選択がテキトウだと、スタイルが反映されない場合が多いので、必ずUTF-8 BOM無しで保存しておいたほうが、のちのちトラブルが少なくて良い。

UTF-8 BOM無しで保存するためには、Windows付属の「メモ帳」を使うのはNG。
フリーソフトの「TeraPad」などを利用して、「UTF-8N」で保存すれば、UTF-8 BOM無しになる。

以下の記事も参照してほしい。
Google Chromeとメモ帳のUTF-8


[関連記事]
IEの場合は、
IEでもインスタントプレビューを消したい

Firefoxの場合は、
Google検索のインスタント プレビューをCSSで非表示にする
アーカイブ
リンク1
QLOOKアクセス解析 この日記のはてなブックマーク数
リンク 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。